イベント情報

TOP > イベント情報 > 受付終了)トークイベント「東北×伝統×クリエイティブ=希望 !?」
受付終了)トークイベント「東北×伝統×クリエイティブ=希望 !?」
2018.05.01up

 

若林 恵『さよなら未来 エディターズ・クロニクル 2010-2017』発売記念

トークイベント「東北×伝統×クリエイティブ=希望 !?」

 

「東北STANDARD」や「カネイリミュージアムショップ」を展開する株式会社金入。前半は、東北の伝統工芸にクリエイティブを掛け合わせ生まれた様々な商品の制作秘話を伺い、後半は、東北のものづくり企業に今後求められる、時代の変化を見据えたビジネス戦略を、出演者全員で公開ブレストします。

*本イベントの内容は、とうほくあきんどでざいん塾が発行する無料冊子『とうほく あきんど でざいん〈TAD 2018 夏〉』号への採録を予定しています。

 

日 時

2018年6月29日[金]19:00-20:30(開場18:30)

会 場

せんだいメディアテーク 7F スタジオシアター

出 演

金入健雄(株式会社金入 代表取締役)

唐津宏治(ドローイングアンドマニュアル株式会社 脚本家 / プランナー、東北STANDARD 副代表)

若林 恵(株式会社黒鳥社 代表、編集者・ライター)

定 員 100名、要予約(定員に達しましたので、受付を終了致します
参加費

無料

対 象

中小企業およびクリエイターのみなさまほか、
どなたでもご参加いただけます。

主 催

とうほくあきんどでざいん塾

 

チラシPDF(3.3MB)

 

 

◎ゲスト略歴

 

 

金入健雄|かねいり・たけお
1980年青森県八戸市生まれ。株式会社金入代表取締役社長、東北STANDARD株式会社代表。せんだいメディアテーク、 八戸ポータルミュージアム「はっち」にてカネイリミュージアムショップを運営。東北の工芸品や文房具、書籍などのセレクトを通じて東北の魅力を発信し続けている。
http://tohoku-standard.jp/
http://www.kaneiri.co.jp/shop/

 


 

唐津宏治|からつ・こうじ
1978年東京都出まれ。脚本家 / プランナー。早稲田大学卒。株式会社スケールを経てDRAWING AND MANUALに参加。企業や行政の活動指針となるコミュニケーションデザイン、コピーライティング、企画、ブランディング、インタビュー、脚本執筆など、主に言葉や文字に関する業務を担当。徳島県共通コンセプト「VS東京」開発および関連業務、JR仙台駅リニューアルプロジェクト「ヨリ未知 SENDAI」企画・ディレクションなどを行いつつ、「Gabaマンツーマン英会話”I fish fish”篇」「尾鷲物産ウェブ映像”セカイノオワセ”」などの脚本を執筆。東日本大震災後に立ち上げたプロジェクト「東北STANDARD」など、未来の地方のあり方について考察・活動をしている。


 

 

若林 恵|わかばやし・けい
1971年生まれ。編集者・ライター。ロンドン、ニューヨークで幼少期を過ごす。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業後、平凡社に入社、月刊『太陽』を担当。2000年にフリー編集者として独立し、以後、雑誌、書籍、展覧会の図録などの編集を多数手がける。音楽ジャーナリストとしても活動。2012年に『WIRED』日本版編集長に就任。2017年退任。2018年、黒鳥社(blkswn publishers、http://blkswn.tokyo)設立。

photograph by Bryan Derballa

 


 

若林 恵『さよなら未来 エディターズ・クロニクル 2010-2017』
岩波書店・2200円+税・540頁・2018年4月19日刊行

「未来」の捉え方を変えることでしか、新しい未来は見えてこない――。テクノロジー、ビジネス、音楽、出版など、世界の最前線に触れてきた気鋭の編集者(『WIRED』元編集長)による、七年間にわたる思索と発信の軌跡を集成。人文知をコンパスに、勇気を胸に、地図なき未来によりよく迷うことを誘う、新しい時代と世界への予感の書。
https://sayonaramirai.com/


 


 

◎冊子『TAD(とうほく あきんど でざいん)』とは?
とうほくあきんどでざいん塾による、仙台市域で活動する若手クリエイターの育成事業の一環として、2017年夏に創刊した無料冊子。毎号、おもに公募で集まった協働クリエイターが公開編集会議を重ね、「とうほく」「あきんど」「でざいん」をテーマに独自の記事を企画・制作しています。次号は2018年7月末にvol.4発行予定。

 

・vol.1 2017夏号の詳細はこちら
・vol.2 2017秋冬号の詳細はこちら
・vol.3 2018春号の詳細はこちら(若林恵氏がゲスト登壇した鼎談採録)

 


 

◎会場アクセス

せんだいメディアテーク 7F スタジオシアター
〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
地下鉄:南北線勾当台公園駅下車、「公園2」出口から徒歩6分(約450メートル)
徒 歩:仙台駅より約20分(約1.8キロメートル)
タクシー:仙台駅西口タクシー乗り場から約7分
http://www.smt.jp/info/access/#03

 

◎イベント参加申し込み方法

以下のフォームよりお申し込みください。 定員に達しましたので、受付を終了致します(6/28)

 

◎お問い合わせ
とうほくあきんどでざいん塾(担当:山口、深村)
〒984-8651 仙台市若林区卸町2-15-2 卸町会館5F TRUNK内
TEL:022-235-2161(代表) 022-237-7232(直通) FAX:022-284-0864
Email:info@tohokuakindodesign.jp

※「とうほくあきんどでざいん塾」は仙台市と協同組合仙台卸商センターの協働事業です。

 


 

★その他、若林 恵氏の関連企画ご案内

◎六限の図書館 vol.14
《未来》を掘りおこせ—若林恵氏(『WIRED』元編集長/ライター)をむかえて
日時:6月28(木)18:00-20:00
会場:宮城大学 大和キャンパス図書館
聞き手:小川直人(宮城大学/せんだいメディアテーク学芸員)
対象:学生・一般(申込不要、直接会場へ)
主催:宮城大学 学術情報センター
詳細はこちら:http://library.myu.ac.jp/information/868

 

◎トーク:「つくること」はお仕事ではありません
日時:6月30日(土)19:00-20:30
会場:book cafe 火星の庭(仙台市青葉区本町1-14-30-1F)
出演:長内綾子(Survivart)+澁谷浩次(yumbo)+若林恵(blkswn publishers)
料金:入場料1000円+1ドリンクオーダー
定員:30名(要予約)
主催:Survivart
詳細はこちら:http://sendai.survivart.net/?p=564