イベント情報

TOP > イベント情報 > 2013年1月度レクチャー<ファブリケーションの未来─ものづくりの未来を考える>
2013年1月度レクチャー<ファブリケーションの未来─ものづくりの未来を考える>
2012.11.30up

SSD Futureラボ オープンレクチャ
ファブリケーションの未来 – ものづくりの未来を考える –

 

ものづくりの可能性を広げる新しい技術が、いま次々と生まれています。

たとえば、3次元データを元に立体造形を可能とする3次元プリンタや、精度の高い素材の切断、グラフィックデータの彫刻等が可能なレーザーカッティングマシンなどの普及により、いままでは高価な精密機械でしか実現できなかった多様なものづくり=ファブリーケーションが、安価で身近なものとなりつつあります。
このようにモノの設計製造プロセスが変わることで、ものづくりの現場にはどのような未来が待っているのでしょうか?講師の久保田晃弘氏による実践や最新の動向を知ることで、中小企業の皆様の商品開発にも役立つヒントがきっと見つかるはずです。ぜひ、お誘い合わせのうえ、ご参加ください。

※本レクチャーは、せんだいスクール・オブ・デザイン 2012年度秋学期Futureラボ4 のガイダンスに引き続き、オープンレクチャーとして開催されます。

 

講 師

久保田晃弘[ アーティスト/研究者 多摩美術大学 美術学部情報デザイン学科 メディア芸術コース 教授]

日 時 2013年1月8日[火]18:30-
会 場 TRUNK | CREATIVE OFFICE SHARING
(仙台市若林区卸町2-15-2 卸町会館5階)

コーディネーター

本江正茂[ 東北大学都市・建築学専攻准教授]

参加費 無料、要予約(こちらのウェブフォームよりお申し込み下さい

主催:せんだいスクール・オブ・デザイン
共催:とうほくあきんどでざいん塾
協力:  仙台卸商センター/TRUNK

 

 

 

[講師プロフィール]

久保田晃弘|くぼた・あきひろ

1960年生まれ/東京大学大学院工学系研究科船舶工学専攻博士課程修了・工学博士/非線形数値流体力学、人工物工学(設計科学)に関する研究を経て、1998年から現職。多摩美術大学で取り組むデジタル・ファブリケーション、多摩美ハッカースペースの活動を中心として、新たなものづくりの現状についてレクチャを行う。

 

[連絡先]

せんだいスクール・オブ・デザイン事務局

〒980-8577仙台市青葉区片平2-1-1
tel:022-217-6355
email:info@sendaischoolofdesign.jp

お申し込みはこちら
http://sendaischoolofdesign.jp/entry/2012aw_olec

チラシPDFデータ(268KB)