ニュース一覧

TOP > ニュース > 【広報協力】A*C2017 仙台round 開催のお知らせ
【広報協力】A*C2017 仙台round 開催のお知らせ
2017.08.02up

*とうほくあきんどでざいん塾の松井コーディネーターが登壇するイベントが、TRUNKで開催されますので、お時間ございましたらご予約のうえ、ご参加ください。

 

AC_sendai

 

学術資料の活用を志す人のためのmeeting「A*C2017 仙台round」の開催を以下の通り開催致します。みなさまのご参加をお待ちしております。

タイトル:学術資料の活用を志す人々のためのmeeting「A*C 2017 仙台Round」
日時:2017年8月19日土曜日 14時〜17時
場所: TRUNK-Creative Office Sharing-(宮城県仙台市若林区卸町2-15-2)

開催趣旨:
 私たちの住む地域にある博物館や図書館には、数多くの貴重な学術資料が展示・所蔵されています。A*C2017では、ふだん日の目を見ることの少ない学術資料に、デザイナー/クリエイター・作家の手による創造性の光をあてて、新しい活用の姿を探りたいと思います。そのための第一歩として、資料を保存する側と資料を活用したい側が互いに理解を深め、検討を始めるための交流の場を設けることにしました。

 今回の仙台Roundでは、前回の札幌ラウンドに引き続き、資料の保存・研究に携わる研究者と地域で活躍するデザイナー/クリエイターが交流するとともに、商業的な(“仙台あきんど”な)視点からの学術資料の可能性についても議論を行う予定です。興味・関心のある方の積極的な参加をお待ちしております。

プログラム:
 1.趣旨説明・ご挨拶                           堀井 洋    (合同会社AMANE)
 2.話題提供
    安田容子  (東北大学災害科学国際研究所)
    松井健太郎 (とうほくあきんどでざいん塾) 他
 3.事例紹介                上田啓未  (合同会社AMANE)
 4.パネルトーク

 

主催:合同会社AMANE 協力:協同組合仙台卸商センター
後援:仙台市 一般社団法人学術資源リポジトリ協議会

対象者:学術資料の保存・活用に関係する研究者・司書・学芸員、
    デザイナー/クリエイター/作家・興味関心を有する市民、その他

申し込み方法: ac-office@amane-project.jp まで、メールにてお申込みください。

チラシはこちら(PDF 283KB)http://tohokuakindodesign.jp/data/AC_sendai.pdf