イベント情報

TOP > イベント情報 > 冊子『とうほく あきんど でざいん 2018秋冬(vol.5)』発行のお知らせ
冊子『とうほく あきんど でざいん 2018秋冬(vol.5)』発行のお知らせ
2018.12.03up

 

 

「目の前のものごとが自分自身の出来事にならない」を乗り越えるために。

 「仙台の人って、自分たちの地元のことを蔑むっていうか、『つまらない』とか『何もない』って言うよね」と、生まれ育ちが仙台の友人と話したことがある。誰かから魅力を聞かれると、人口とまちの規模のバランスがよくて不便がないといった感じのことを口にするものの、これといった何かを思い浮かべるのに時間がかかってしまう。もちろん地元にも好きなものや場所はあるし、好きな人たちもいる。惰性的に暮らしているつもりもない。けれども同時に大きな期待を持つわけでもなく、流れていく時間とその中で起こる変化を、他人の出来事であるかのように見ている。こういう感覚に、思い当たる人もいるのではないだろうか。

 

 たとえば「つまらない」に対し、なにかを「おもしろい」と感じるとき、それは対象となるものごとがすとんと腑に落ち、自分自身の出来事の一端になりえたときだと言うことができるかもしれない。それは今、あなたやわたしが生きているということを一瞬間にひらめかせ、目の前の風景を生々しく際立たせる息吹のようなものでもある。
 だとしたら、「つまらない」と言えてしまうのは、生きることに根深く結びつく渇望の表れであるようにも思う。そして、その渇望に向き合おうとするのが億劫で、どうにかなっていくだろうとまちへの関心がしぼんでいくような状況がもし仙台の暮らしのなかにあるのだとしたら、人々の意思やありようによってつくられていくはずの地域は、この後どうなっていくのか。

 

 そんなことを思いながら、まずは自分自身の立ち位置を知るところから始めたいと考えた。主題として挙がったのは〈資源〉である。ここでいう〈資源〉は、「“目の前のものごとが自分自身の出来事となる”ためのきっかけ」と独自に捉えたい。
 そして今号では、それらをわたしたちの暮らしのなかに探った。〈資源〉は生きるうえで欠かせない知恵やセンスとして、人々が持つ違和感や日々生まれる思いの根に現れる。そう信じ、協働クリエイターの面々や協力いただいた方々のまなざしを、記事を通して提示してもらうことで一冊をかたちづくった。これからお読みいただく皆さまの暮らしのなかにも、ふとしたときに〈資源〉が立ち現れることを願って。

とうほく あきんど でざいん 2018秋冬
編集長 鈴木瑠理子

 

<冊子概要>
誌 名:とうほく あきんど でざいん 2018秋冬(vol.5)
仕 様:B5、全58ページ、カラー、2,000部、無料配布(仙台市内中心)
読者ターゲット:仙台市域の次代を担う中小企業経営陣+クリエイター

 

編集長:鈴木瑠理子
アートディレクター:根 朋子
協働クリエイター:おもに公募により集まった仙台ゆかりの19組
編著者:とうほくあきんどでざいん塾

発行人:仙台市経済局地域産業支援課|協同組合仙台卸商センター
2018年11月 発行

 

 

 

 

 

<目次>
特集:資源 生きるための知恵とセンス

巻頭言/鈴木瑠理子 デザイン/根 朋子

 

02.都市のキワ(edge)を探す|貞包英之
デザイン/根 朋子

 

06.仙台市民×座談会×考える私 みんなの消費と私の感覚
企画/黒崎モモ 文/髙橋光子 デザイン/黒川美怜

 

10.地元愛は地に宿る!? 超難題「宮城マスター検定」の謎 郷愁刑事 イタリーさとうの捜査記録
企画・文/イタリーさとう デザイン/大友慎也 写真/嵯峨倫寛 撮影協力/東京リボン株式会社 仙台営業所

 

16.まちと わたしと かわ
企画・デザイン/板橋友幸 構成・文/菊地正宏 写真/嵯峨倫寛

 

24.東北を活かす 資源としての伝統
企画・文/長内綾子 デザイン/くろさわかな 写真(pp.28-32)/嵯峨倫寛

 

33.潜考アジテーション
企画/混沌レインボー(コピー・ロゴ/泖、撮影・デザイン/嵯峨倫寛)

 

34.アンケート あなたの〈資源〉を教えてください。
企画・構成/鈴木瑠理子 協力/泖 デザイン/黒川美怜

 

54.協働クリエイターによる往復メール 〈資源〉をめぐる言葉
構成/斧澤未知子 デザイン/黒川美怜

 

36.連載|ききみみずきん スイス編 その二.カン・ミアの生活
話し手:Kang Mia Seulmi(かん・みあ・するみ)
文・聞き手と翻訳:斧澤未知子

 

40.連載|純愛アタック!! 第2回 長井勝一漫画美術館編
企画・文/泖 デザイン/スカイスター 撮影/嵯峨倫寛

 

44.連載|雑草からパクチー 第五回 民の芸、僕の芸
対談ゲスト・執筆/佐藤謙行 執筆・イラスト・デザイン/佐藤 豊
構成・脚註/髙橋創一

 

48.連載|コンノケンジのお買い物 第5回 ゴミ箱
文・撮影/コンノケンジ デザイン/大友慎也

 

49.DIY PROJECT|プロジェクト完了記念 施設お披露目会開催!
文/とうほくあきんどでざいん塾 デザイン/板橋友幸

 

50.ROSEBUD TAROT READING 秋冬の運勢
占い/ROSEBUD 絵とデザイン/吉田勝信

 

表紙・裏表紙 協働クリエイター略歴・奥付 デザイン/根 朋子
裏表紙 撮影(文字)/嵯峨倫寛

 


 

◎配布場所
TRUNKのほか、仙台市内を中心にお盆明けより配布開始となります。
送付をご希望の場合は、着払いのみ受け付けております。詳細はお問い合わせください。
TRUNK | CREATIVE OFFICE SHARING
仙台市若林区卸町2-15-2 卸町会館5階 受付カウンター

 

◎配布協力店リスト(2018.12.3現在)

営業時間、定休日などは各サイトにてお確かめください。

 

【仙台市】

東北スタンダードマーケット 〒980-8450 仙台市青葉区中央3-7-5 仙台PARCO2 5F

くまざわ書店 エスパル仙台店 〒980-0021 仙台市青葉区中央1-1-1  エスパル仙台本館 3F

book cafe 火星の庭 〒980-0014 仙台市青葉区本町1-14-30 ラポール錦町1F

Gallery TURNAROUND 〒980-0805 仙台市青葉区大手町6-22

design labo necco sendai 〒980-0811 仙台市青葉区一番町1-15-38 小林ビル3F

Fablab SENDAI FLAT 〒980-0811 仙台市青葉区一番町2-2-8 IKIビル4F-1

仙台市市民活動サポートセンター 〒980-0811 仙台市青葉区一番町4-1-3

THE 6 〒980-0821 仙台市青葉区春日町9-15 3F

喫茶ホルン 〒980-0822 仙台市青葉区立町26-17-202

公益財団法人 仙台市産業振興事業団 仙台市起業支援センター “アシ☆スタ” 〒980-6107 仙台市青葉区 中央1-3-1 AER7階

公益財団法人 仙台市市民文化事業団 〒981-0904 仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5 日立システムズホール仙台B1F

analog アナログ|DIY印刷加工スタジオ 〒984-0011 仙台市若林区六丁の目西町2-26

せんだい3.11メモリアル交流館 〒984-0032 仙台市若林区荒井字沓形85-4(仙台市地下鉄東西線荒井駅舎内)

 

【塩釜市】
塩竈市杉村惇美術館 〒985-0016 宮城県塩釜市港町2-3-11

 

【利府町】
tsumiki 利府町まち・ひと・しごと創造ステーション 〒981-0104 宮城県宮城郡利府町中央1丁目5-2

 

【石巻市】
Cafeはまぐり堂 〒986-2354 宮城県石巻市桃浦字蛤浜18

 

【岩手】
Cyg art gallery 〒018-0023 岩手県盛岡市内丸16-16 大手先ビル2F

 

【秋田】
mag(シェアオフィス) 〒010-0001 秋田県秋田市中通2-1-48 仲小路ビルB1F

 

【東京】
3331 Arts Chiyoda|3331 LIBRARY 〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14

 

◎お問い合わせ
とうほくあきんどでざいん塾(担当:山口、深村)
〒984-8651 仙台市若林区卸町2-15-2 卸町会館5F TRUNK内
TEL:022-235-2161(代表) 022-237-7232(直通) FAX:022-284-0864
Email:info@tohokuakindodesign.jp

※「とうほくあきんどでざいん塾」は仙台市と協同組合仙台卸商センターの協働事業です。